ゴルフスイングは右手の薬指から脇のラインで畳めば超簡単

アイキャッチ画像

練習場で打っていると今のテークバックはよくできたと思う一瞬がありませんか?
なかなか再現ができないのですが、うまく右ひじがたたまれるときがあります。
そのときのボールは勢いのある玉筋になりますよね。
それをいつも再現するには右腕にあるアームローテーションのラインを探すのがマストです。

続きを読む

ゴルフアドレスで手の位置は左股関節の前のイメージがマスト

アイキャッチ画像

ゴルフスイングにおいて手の位置がアドレスで決まっていないと、ボールと腕とのコンタクトする角度が毎回違ってしまい、ボールが思った方向に飛びません。
特にクラブを交換したときには、ボールとの距離もかわりますから、感覚のなかで一定の測りをもっていないとミスすることが多くなります。
ここではアドレスにおいての正しい手の位置について説明します。

続きを読む

ゴルフスイングのトップで左手首は掌側に曲げるのがセオリー

アイキャッチ画像

スイングのトップの位置で左手首が甲側に折れるのがいいのか、それとも手のひら側に折れるのがいいのか、どちらがいいのでしょうか。
正解は手のひら側に折れるか、真っすぐのどちらかです。甲側に折れるのはよくないのです。
手首の折れ方によってスライスやフックが出ているのならば、正しい手首の折れ方をまず知ることが大切です。
対処方法も紹介します。

続きを読む

ストロンググリップが最も簡単!利点と欠点を把握しよう

アイキャッチ画像

ゴルフスイングについてまず悩むのがグリップです。
グリップには大きく分けるとストロンググリップとスクエアクリップ、ウィークグリップの3つの種類があります。
そのなかでストロンググリップが初・中級者に向いたグリップです。
それぞれのグリップの利点と欠点を示しながらどのグリップがあなたに合っているかを探っていきましょう。

続きを読む

ゴルフの右手のグリップの握り方 3本指で握ればタメができる

アイキャッチ画像

右手のグリップはどのようにすればいいのでしょうか。
ゴルフで大切なのは左手ですが、もちろん右手にも役割があります。
両手のグリップが正しくできるとハンドファートに打てるようになり、安定した弾道になります。
特に右手の指が正しく使えるとタメの効いたスイングになります。
まずは正しい左手のグリップを覚えたあと、右手のグリップを習得してください。
左手のグリップに関してはゴルフスイングはすぐ良くなる!グリップの握り方 左手編にて説明しています。

続きを読む

ゴルフスイングはすぐ良くなる!グリップの握り方 左手編

アイキャッチ画像

アイアンの弾道がポヨーンと力なく、バックスピンがかからなかったりしませんか?
それはグリップの握り方がしっくりこず正しく力が伝わっていないからかもしれません。
特に左手のグリップは、クラブとつながったような感覚がありフェース面をコントロールしたり、ダフらないで打つために重要な働きをしています。
ここでは左手のグリップの握り方を図解で説明しています。

続きを読む