ベルエアはコース・食事良し、練習場ありのお気に入りコース

アイキャッチ画像

JGMベルエアゴルフクラブ―群馬県高崎市―

はじめてのコース紹介になるので、お気に入りのところから行きます。
群馬県高崎市のJGMベルエアゴルフクラブです。

皆さん「ベルエア」とか「ベルエアカントリー」とか呼んでいますね。
私のお気に入りコースのひとつです。

レギュラー:6,443ヤード
JGA/USGAコースレーティング:70.1
グリーン:ベント

続きを読む

ロングホールのセカンドは7番ウッドを使えばスコアUPする

アイキャッチ画像

ロングホールのセカンドショットでまだまだ距離があるとき、クラブ選択で悩みはしないでしょうか。
5番アイアンでダフってしまったり、ユーティリテーでスライスしてセカンドOBということもあります。
サードショットを打つのにベストな距離まで運べばいいのなら、方向性、打ちやすさを考えて7番ウッドのチョイスがおススメです。
7番ウッドがロングホールのセカンドショットに向いている点を紹介してみます。

続きを読む

ゴルフのインパクトの左手首はグリップ時とは違うと知ろう

アイキャッチ画像

インパクトとのときに左手首はどうなっているのでしょうか?
私はこれでけっこう悩みました。
グリップしたままの形で甲側に折れるのか、それとも手のひら側に折れるのか、真っすぐなのかいろいろ試してみました。
今はストロングググリップなのですが、インパクトの一瞬では左手首は真っすぐです。

今悩んでいる方の一助となればと思い書いてみます。

続きを読む

アームローテーションは神経を意識するだけで勝手に起こせる

アイキャッチ画像

アームローテーションはしたほうがいいのでしょうか、それともしないほうがいいのでしょうか。私はアームローテーションは意識だけしていれば骨格が勝手にしてくれるという見解です。
自然なアームローテーションができるようになると、5番アイアンが打てるようになり、ドライバーは軽く振っているように見えても飛んでいきます。

続きを読む

4~5mのパットが面白いように入るグリーンの傾斜の読み方

アイキャッチ画像

10mのロングパットは入らないにしても4~5mのパットが入るようになるとスコアが3~4打は縮まります。
グリーンでボールがどちらに転がるか分からなくなってしまう時がありますが、この方法でラインを読むと周りの景色に惑わされずに入るラインを見つけることができます。
入るラインを見つける手順を紹介します。

続きを読む

ドライバーでチーピンしないティーアップの位置の決め方6つ

アイキャッチ画像

練習場ではあれだけまっすぐ打てているドライバーもコースに来ると、練習場では出たこともないスライスやチーピンが出たりします。どうしてなのか不思議に思うことがあります。
ティーグラウンドでミスする原因のひとつにティーアップの仕方が間違っていることがあります。これを知っているだけでもOBが1つ減るかもしれません。

続きを読む

ゴルフで右手の人差し指って使うの?使わないの?

アイキャッチ画像

ゴルフスイングのなかで右手の人差指の使い方について迷っていませんか?
右手の人差し指はクラブフェースをコントロールしたり、微妙な距離感を出すために必要になる指です。
しかし、右手を使い過ぎると、左腕の軌道を壊してしまい、右にも左にもミスがでてコントロールが定まりません。
この記事では右手の人差指のクラブの当たる位置と感覚について説明します。

続きを読む

ゴルフのグリップで左手親指の位置が見つかると突然安定する

アイキャッチ画像

グリップするときに左手の親指はどうしたらいいか、考えることがあります。
シャフトの右側なのか真上なのかで試行錯誤される方も多いのではないでしょうか。
実は左手親指の位置が正しくなるとインパクトのときに、左手の親指が毎回一定の位置にあるようになってボールの出だしが安定してきます。
ここでは左親指の置く位置について説明して、さらに親指の抑えの効いた構え方について紹介します。

続きを読む

ゴルフスイングは左手正中神経を軸に回して捕まった球を打つ

アイキャッチ画像

ダウンスイングでのアームローテーションができないとロングアイアンは打てません。
他のアイアンは打てるのに5番だけ打てないという方はぜひこの記事に沿ってチャレンジしてください。きっとその価値があると思います。
アームローテーションが正しくできると、いわゆる捕まった球が打てるようになり、5番アイアンも他のクラブとかわらないイメージで打つことができます。

続きを読む

ゴルフスイングは右手の薬指から脇のラインで畳めば超簡単

アイキャッチ画像

練習場で打っていると今のテークバックはよくできたと思う一瞬がありませんか?
なかなか再現ができないのですが、うまく右ひじがたたまれるときがあります。
そのときのボールは勢いのある玉筋になりますよね。
それをいつも再現するには右腕にあるアームローテーションのラインを探すのがマストです。

続きを読む

ゴルフアドレスで手の位置は左股関節の前のイメージがマスト

アイキャッチ画像

ゴルフスイングにおいて手の位置がアドレスで決まっていないと、ボールと腕とのコンタクトする角度が毎回違ってしまい、ボールが思った方向に飛びません。
特にクラブを交換したときには、ボールとの距離もかわりますから、感覚のなかで一定の測りをもっていないとミスすることが多くなります。
ここではアドレスにおいての正しい手の位置について説明します。

続きを読む

ゴルフスイングのトップで左手首は掌側に曲げるのがセオリー

アイキャッチ画像

スイングのトップの位置で左手首が甲側に折れるのがいいのか、それとも手のひら側に折れるのがいいのか、どちらがいいのでしょうか。
正解は手のひら側に折れるか、真っすぐのどちらかです。甲側に折れるのはよくないのです。
手首の折れ方によってスライスやフックが出ているのならば、正しい手首の折れ方をまず知ることが大切です。
対処方法も紹介します。

続きを読む

ストロンググリップが最も簡単!利点と欠点を把握しよう

アイキャッチ画像

ゴルフスイングについてまず悩むのがグリップです。
グリップには大きく分けるとストロンググリップとスクエアクリップ、ウィークグリップの3つの種類があります。
そのなかでストロンググリップが初・中級者に向いたグリップです。
それぞれのグリップの利点と欠点を示しながらどのグリップがあなたに合っているかを探っていきましょう。

続きを読む

ゴルフの右手のグリップの握り方 3本指で握ればタメができる

アイキャッチ画像

右手のグリップはどのようにすればいいのでしょうか。
ゴルフで大切なのは左手ですが、もちろん右手にも役割があります。
両手のグリップが正しくできるとハンドファートに打てるようになり、安定した弾道になります。
特に右手の指が正しく使えるとタメの効いたスイングになります。
まずは正しい左手のグリップを覚えたあと、右手のグリップを習得してください。
左手のグリップに関してはゴルフスイングはすぐ良くなる!グリップの握り方 左手編にて説明しています。

続きを読む

ゴルフスイングはすぐ良くなる!グリップの握り方 左手編

アイキャッチ画像

アイアンの弾道がポヨーンと力なく、バックスピンがかからなかったりしませんか?
それはグリップの握り方がしっくりこず正しく力が伝わっていないからかもしれません。
特に左手のグリップは、クラブとつながったような感覚がありフェース面をコントロールしたり、ダフらないで打つために重要な働きをしています。
ここでは左手のグリップの握り方を図解で説明しています。

続きを読む