テークバック

ゴルフで予めひねっておくスイングは練習少なくても上達可能

アイキャッチ画像

先週80というかんたろうにしてはとてもよいスコアを出したあと、打ちっ放しには1回も行けずに迎えた今回のラウンド。
ここでまた前回紹介した「あらかじめ足・膝・腰をひねっておくスイング」を試しました。
そしたらバックティーから82という好結果だったので報告します。

続きを読む

ドライバーがスライスする8個の原因とその対策

アイキャッチ画像

ドライバーがスライスする悩みは初心者から中級者まで幅広くある悩みです。
普通に振っても毎回スライスする、あるシチュエーションだけスライスするなどありますが、まずは原因を突き止めて、ひとつずつ対策していけば真っすぐ打てるようになります。

続きを読む

ゴルフグリップの握り方のコツは左右を拮抗させるために絞る

アイキャッチ画像

ゴルフのグリップにおいて、初級者と中級者以上の違いは、左右の腕の拮抗の有無にあると思います。左手と右手がそれぞれ別々に正しくグリップできていても、左右間のゆるみがあると正しいスイングにはなりません。
腕のゆるみをなくして左右を拮抗させるために、グリップするときに指で絞る方法を紹介します。

続きを読む

ゴルフスイングの緩みの原因と6つの対処方法

アイキャッチ画像

スイングしているのをスマホで録画しながら、何パターンも比べてみると、手がフラフラしているときと、手の軌道が安定しているときがあることに気が付きました。
これはスイングの緩みと言われることなのではないかと思い、いろいろ試してみました。

続きを読む

ベン・ホーガンのグリップは今ではクラシカルなのか?

アイキャッチ画像

ベン・ホーガンの「モダンゴルフ」は1958年に初版が創刊されて以来、世界で読まれているゴルフレッスン書の草分け的な存在です。
私もゴルフをはじめた数年後に読んで、グリップのし方を取り入れました。
後にグリップがウィーク過ぎるのではと思い始め、ベンホーガンのグリップはやめたのですが、もう一度掘り下げてみたいと思います。

続きを読む

ゴルフで下半身始動は手打ちにならず懐が深くなる

アイキャッチ画像

ゴルフで下半身始動や下半身主導、体打ちという言葉が使われることがあります。
いままで私も何度もチャレンジしてきましたが、上手くいったような、いかないような、正直よい結果を得られませんでした。
ところが最近あることに気がついて、練習していたところ、これがその下半身始動する方法ではないかとひらめきました。

続きを読む

ゴルフスイングで左手首は前腕を軸に気持ちよく回転する

アイキャッチ画像

ゴルフスイングにおいてインパクトでの左手首の使われ方は人によっていろいろなパターンがあるだけにぜひ理想とするものにたどり着きたいです。
プロのスイングのスローモーションを見ていても、少しずつ違う印象を受けます。
どのような左手首の使い方がいいのでしょうか。

続きを読む

ゴルフでフェース面を感じるのは親指の爪、延長線上にヘッド

アイキャッチ画像

フェースの面を感じてコントロールをすることでさらにステップアップしたゴルフができるようになります。ウェッジやアプローチの精度を高めるためにはフェースの面を意識することが大切です。
ここではフェース面を感じる親指の爪と、親指の延長線上にクラブヘッドがある感覚について紹介します。

続きを読む

ゴルフスイングは腕の三角形のずれがローテーションの源

アイキャッチ画像

腕の三角形を崩さないようにスイングするというのを良く耳にします。
それでうまくいく人もいると思うのですが、まずその前に三角形はずれていることを認識するとスイングがスムーズにできます。これが理解できると一瞬で通り過ぎる再現性の高いインパクトを手に入れいることができます。

続きを読む

ゴルフアドレスで右肩甲骨をセットするとスイングが緩まない

アイキャッチ画像

ゴルフをしているとクラブの通り道のはっきりと出せる日とラインがふらふらして安定させられない日があります。
グリップをしっかり握ったり、前傾の角度や足の踏ん張りで安定させることもできますが、もうひとつ試したいのが右の肩甲骨を意識することです。この方法でも安定感を出すことができます。

続きを読む

ゴルフスイングは左肩が支点がベスト!簡単に習得する方法

アイキャッチ画像

ゴルフスイングは左肩が支点とよく言われます。
ではどうして左肩を支点としたスイングがいいのでしょうか。それはコースに出た時に大きなブレがなくなるからです。
大きなブレが無くなるとスコアも良くなります。
ここでは左肩を支点としてスイングする方法についても紹介します。

続きを読む

ゴルフスイングは右手の薬指から脇のラインで畳めば超簡単

アイキャッチ画像

練習場で打っていると今のテークバックはよくできたと思う一瞬がありませんか?
なかなか再現ができないのですが、うまく右ひじがたたまれるときがあります。
そのときのボールは勢いのある玉筋になりますよね。
それをいつも再現するには右腕にあるアームローテーションのラインを探すのがマストです。

続きを読む