ゴルフスイングのトップで左手首は掌側に曲げるのがセオリー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

スイングのトップの位置で左手首が甲側に折れるのがいいのか、それとも手のひら側に折れるのがいいのか、どちらがいいのでしょうか。
正解は手のひら側に折れるか、真っすぐのどちらかです。甲側に折れるのはよくないのです。
手首の折れ方によってスライスやフックが出ているのならば、正しい手首の折れ方をまず知ることが大切です。
対処方法も紹介します。



1.トップで左手首が曲がるのは掌側が正解

トップでの左手首は真っすぐか、手のひら側に折れるのが正解です。
手首が甲側に折れていればフェースはオープン、まっすぐであればスクエア、手のひら側に折れていればクローズです。
ほとんどのプロゴルファーは手のひら側に折れているか、スクエアです。

トップでの左手首の向きの比較画像

表.トップでの左手首とフェースの向き

オープン スクエア シャット
左手首の折れる向き 甲側に折れる 真っすぐ 手のひら側に折れる
トップでのフェースの向き 下向き気味 真横を向く 上向き気味
インパクトでのフェースの向き 開く スクエア 閉じる

勘違いしやすいのは、トップでフェースが下を向いているほどフェースが開いているということです。逆にトップでフェースが上を向いていればフェースが閉じている状態です。はじめのうちは逆のイメージでとらえていることが多いと思います。

1-1.手のひら側に折れる利点

トップで左手首が手のひら側に折れているとフェースが閉じた状態ですが、このままの向きでダウンスイングに入っていくと、ほぼスクエアか少しフェースが閉じてインパクトを迎えることになります。開いたフェースを閉じる動作が必要ないのでフェースのぶれが少なくなります。

1-2.甲側に折れたときの欠点

逆にトップで左手首が甲側に折れているとフェースは開いているので、このままインパクトを迎えるとスライスしてしまいます。それを腕の操作で避けようとするのでダウンの一瞬でフェースを閉じる動作が入ってしまい、タイミングがずれるとフックボールも出てしまうのです。スイングスピードの遅いウェッジなどではこの調整が出来るのですがクラブの番手が上がりスイングスピードが速くなるとスライスとフックの両方のミスが出やすくなります。

1-3.自分がどちらに曲がっているか調べる方法

まず練習場の椅子などにスマホを固定してスイングを真後ろから動画で撮ってください。
トップの手首の向きがよく分かります。

トップ手首の修正前後の比較画像

実は私も無意識のうちに甲側に折っていたので修正してみました。
現在ではトップでの左手首の傾きはほぼスクエアな感じになっています。
修正の仕方は後述するとして、まずオススメなのはこのアプリです。

ゴルフスイングチェックアプリ KiZuKi

kizukiの画像
出典:http://mapple-on.jp/products/kizuki

私はiPhone5ですがスマホ標準の動画で撮るよりもこのアプリを使ったほうが細かくコマ送りのできる画像になります。ただダウンスイングの手首の向きまではぶれてしまって見えないので、コマ送りの精度はスマホのカメラの精度によるのかも(未確認です)しれません。
動画にコメントを残しておけるので自分のスイングの歴史を見ることができていいです。

2.手首の向きの修正方法

トップでの手首の向きがスクエアか、手のひら側に折れていた方はそのままで大丈夫です。もし、甲側に折れていたら修正しなくてはなりません。

甲側に折れるのを直したプロセスをお教えします。
まずはじめに甲側に折れていることを実感されていない人が多いのではないでしょうか。私もそうでした。甲側に折れる方が力が入りやすく感じていたし、そこまで折れていないだろうから問題ないと感じていました。

2-1.アプリでチェック

まず先ほどのスイングチェックアプリでぜひ自分の手首の傾きを見るようにしてください。
素振りのときと、実際にボールを打つ時では違いますから、必ずボールを打つところを撮ってください。

2-2.グリップをなおす

甲側に折れる最大の原因はグリップです。まずトップの位置で左手の手首の傾きを意識して両手でクラブを握ります。そしてアドレスの位置までゆっくり戻してきます。
今までと手首の使い方がまったく違うのではじめは違和感があります。
ダウンしてくるときの左手の甲が少し下を向くようなイメージや、トップでの右手の指の軟らかい使い方がポイントになります。
切り返しで強くグリップを握ると甲側に折れやすくなりますから、トップで力んではいけません。
グリップの握り方については以下にて紹介しているのでぜひ見てください。

ゴルフスイングはすぐ良くなる!グリップの握り方 左手編

ゴルフの右手のグリップの握り方 3本指で握ればタメができる

2-3.テークバックでフェースを開かない

次にテークバックの仕方をチェックします。
フェースを開いてテークバックするクセは、左手首が甲側に折れることと合わせて修正しないといけません。
テークバックでフェースが開いているかどうかはテニスラケットでチェックできます。

テークバックのフェース面をテニスラケットでチェックする画像

テークバックの9時のところでラケットが垂直(または前面が上向き)になって左手の甲が上を向いていたらそれはフェースが開いたテークバックの上げ方です。左図
正しいテークバックはラケットの前面がななめ下を向いています。右図

コツとしてはラケットの後ろ面(右側の面)にボールを乗っけて、途中まで落とさないようなイメージでテークバックします。

まとめ

トップでの左手首の傾きを正すにはグリップとテークバックの軌道イメージの修正が必要になります。
いままでと違う打ち方になりますが、そのまま続けてもいずれ頭打ちになるので、上級者への道として修正していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*