ゴルフスイングはすぐ良くなる!グリップの握り方 左手編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

アイアンの弾道がポヨーンと力なく、バックスピンがかからなかったりしませんか?
それはグリップの握り方がしっくりこず正しく力が伝わっていないからかもしれません。
特に左手のグリップは、クラブとつながったような感覚がありフェース面をコントロールしたり、ダフらないで打つために重要な働きをしています。
ここでは左手のグリップの握り方を図解で説明しています。



1.ゴルフスイングは左手を主導させる

ゴルフスイングでは右手よりも左手が優先されたほうが、方向性がよくなります。
右利きの人はついつい強い右腕に頼りがちで、右手で叩いた方が距離は出ますが、方向性は良くなりません。左手を主導させるためには左手のグリップの握り方をしっかりと覚えて、クラブフェースが手首や前腕だけでなく、上腕や胴体とつながっている感覚が出なくてはなりません。

2.左手のグリップの握り方

小指球の画像
左手とグリップの一番の接点は、小指球と呼ばれる小指側の手のひらの下の部分です。
ここがグリップとぎゅっと触れることによって、クラブが骨の延長のように感じられます。

左グリップの握り方の画像

図のようにグリップを支えることができます。
小指球にグリップエンドを当てがい、4本の指で支えるとちょうどテコのようになります。
写真ではクラブの先が重ければ重いほど、小指球にグリップが食い込むのがわかります。
テコの原理のようになっているとインパクトのときは自然と指側がギュッと握り込まれるので、クラブヘッドが落ちずにダフらないスイングとなります。

3.コックの方向は親指の凹みへ

左手をグリップするにあたってのおすすめはストロンググリップです。
まずグリップを握る前にどの方向に手首をコックするのか確かめましょう。

スナッフボックの方向にコックする画像
コックの方向は左手親指のへこみの向きにします。
ここはスナッフボックスと呼ばれ、長母指伸筋の腱と短母指伸筋の腱のすきまにできる窪み状の場所です。
藤井誠さんのレッスン動画が非常に分かりやすいので参考にしてください。アドレスしたときにこの方向にコックする予備動作をルーティーンに加えるのもオススメです。

4.ハンドファーストに打つコツ

スナッフボックスをクラブの真上からずらす画像

まず、グリップするときに飛球線方向にクラブをたおしてください。次に左手の親指のくぼみをシャフトの正面よりも後ろ側にずらします。これがハンドファーストにインパクトを迎える大きなポイントになります。

アドレスした目線からみたスナッフボックスの向きの画像

アドレスしたときの目線で見てみます。
フェースが飛球線方向に対して正面を向いていますが、シャフトは前に倒れているのがわかります。左手の親指のくぼみはシャフトと平行ではなく、斜め右を指しています。こちら側に両手でコックするイメージにすると自然とクラブフェースが持ち上がっていきます。

まとめ

ここでは左手のグリップの握り方を紹介しました。
左手のグリップが正しくできて、コックも上手に使えるようになるとアイアンの番手が一つ分くらい距離が延びます。バックスピンの効いたボールも打てるようになりますからしっかりと覚えましょう。

グリップと手のひらの間にできる隙間についても注意が必要です。こちらも合わせてご覧ください。

ゴルフの左手のグリップの「隙間」がインパクトのブレの原因

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*