ゴルフスイングは腕の三角形のずれがローテーションの源

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

腕の三角形を崩さないようにスイングするというのを良く耳にします。
それでうまくいく人もいると思うのですが、まずその前に三角形はずれていることを認識するとスイングがスムーズにできます。これが理解できると一瞬で通り過ぎる再現性の高いインパクトを手に入れいることができます。



1.腕の三角形はずれている

右手を下げたずれた三角形の画像

腕の三角形はずれています。よく言われる二等辺三角形ではありません。

  1. アドレスをして手のひらを体の正面で合わせます。
  2. 手のひらを左股関節前に移動します。
  3. 右手のひらを滑らせて、5~10cmほど下方向へ下げます。

これがゴルフスイングにおける三角形のずれです。右手の指の分くらい左手のひらより下に意識してずらすのです。
1,2,3の手の位置で手のひらを合わせたままで、それぞれ連続したハーフスイングをしてみてください。
3の位置だけはっきりと左腰の回転との同調や右手で押し込める感覚を感じるはずです。

2.三角形のずれがアームローテーションの源

ゴルフスイングのアームローテーションの力の源泉は腰の骨(股関節)とずれた腕の三角形との差です。
上で説明した位置でグリップすれば、スイングするだけで勝手にアームローテーションが起こります。

右手を下げたずれた三角形と腰の四角との差の画像
写真は

  1. 構えて
  2. テークバック
  3. インパクト直後

です。

ぜひ試してほしいのは2から3に移るときにインパクトが一瞬で通り過ぎるという感覚です。ダウンスイングからインパクト直後に向けて何も意識しなくてもすっと一瞬でこの形になります。これは右手のひらが左手より下にあるから、つまり三角形がずれているから起こります。
インパクトの瞬間は止めることが難しく、三角形がずれていることで無意識のうちに通り過ぎるインパクトになります。

どうしてこうなるかは人間の骨格によるのだと思います。右手を下げれば右肩を意識しなくても、右肩が下がります。
腰の四角と腕のずれた三角形がインパクトの一瞬のスピードを作り出しています。

この構え方で力を入れすぎずにスイングしていくと、勝手にアームローテーションが入るフォームになっていきます。

3.ずれた三角形のメリット

ずれた三角形のメリットです。

3-1.インパクトが一瞬で通り過ぎる

インパクトが一瞬で通り過ぎることで、力まずともヘッドスピードを安定させることができ、ゴルフが簡単になります。

3-2.アームローテーションが自然と起こる

アームローテーションが自然と起こるとボールのつかまりが良くなり飛距離が出るのはもちろんのこと、無理に捕まえにいく筋肉の無駄な動きが必要なくなり、コントロールが良くなります。

3-3.骨格によってつくられる無理のないインパクトの形

あまりにいろいろと意識しすぎるスイングは凸凹のある実際のゴルフ場や緊張した場面などでは失敗することが多くなります。その点、無意識にインパクトが完了してしまうスイングはとても簡単で再現性が高いです。骨格によって形作られるインパクトなので、形に無理がなくミスが少ないのです。ボールに当てることにシビアになり過ぎず楽にゴルフができるようになります。

3-4.腰が回りやすい

このずれた三角のインパクトなら、特に腰を回そうと思わなくてもインパクトにかけて左腰が自然と回転していきます。特に意識しなくても、強いバンプと腰の回転が勝手に起こります。

3-5.ハンドファーストに打ちやすい

左股関節の前でグリップをすることでハンドファーストに構えることになり、インパクトもハンドファーストに当てやすいです。

まとめ

ゴルフスイングにおけるアームローテーションの源は両手を合わせて、左股関節前へ移動させ、右手だけ下に下げる三角形をずらしたアドレスです。骨格の仕組みをつかったインパクトになり、腰も自然と回転していきます。ハンドファーストにも打てるようになります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*