ゴルフスイングは胸で運ぶ、グリップは胸の前の感覚が分かった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

グリップは体の正面から外れないようにするということは、レッスン書などでも見かけます。この感じで打てるようになってきたので、まとめてみようと思います。



1.グリップは胸骨の前から外れない

かんたろうは今までグリップは左股関節の前のイメージで打ってきました。
ただ、自分にとってもうひとつ上のスイングがあるのではと思考錯誤してきた結果、今はグリップが胸骨の正面から外れない感覚で打っています。

胸骨の正面にグリップがあるスイングの画像

グリップはアドレス、テークバック、トップ、インパクト、フォロー、フィニッシュまで、つねに胸骨の前にあります。それぞれタイミングで止めて腰のひねりをほどいてあげれば、そのときのグリップと胸との位置関係がわかります。
かんたろうのいまの打ち方だと常に胸骨のラインの前にグリップがあります。

胸骨の前にグリップがあるテークバックの画像

常に胸骨の「上側」とグリップがリンクしている感じがあります。

よく胸の前でv字に振るとか、胸の前を上下させるだけとかの解説もありますが、かんたろうの感覚とするとまったく胸骨の前からずれません。実際写真で見ると胸の前のラインで上下していますが、上げたり下げたりする感覚もありません。胸骨の前にグリップを置いておくと、テークバックでは勝手にグリップが上がり、ダウンスイングで勝手に下がり、フォローで勝手に上がります。

同じような感覚で、グリップはみぞおちの前とか、へその前というのがあるのかと思います。

2.足腰でスイング

足腰でスイングできるようになると、手を振る感覚が少なくなるのだと思います。
特に「あらかじめ足、膝、腰をひねっておくスイング」がかんたろうにはぴったり合います。
この振り方だと下半身の力でスイングできるので、今までのように腕で打ちに行く感覚が必要ないようです。同じに腕を振ろうとすると、足の回転にさらに腕の振りが足されて激フックしてしまいます。
あらかじめ足、膝、腰をひねっておくスイングについてはこちらの記事を参照してください。

ゴルフでは足と膝と腰をはじめからひねっておくとよく飛ぶ

3.これがゴールなのかも

上級者がいう「胸で運ぶ」とか、「グリップは正面から外れない」とかが、この感覚なのではないかと思いはじめました。たしかにその通りと感じます。いままで試してきたスイングのなかでも、自分のなかで安心感がかなりあります。
いろいろ悩んできたけれど、この感覚がゴールなのかもという感触があります。そろそろ自分のなかのベストスイングを決めたいです。

ただ一時期よくても、しばらくするとスイングに迷い始めることはゴルフで良くあることなので、ラウンドを重ねて追及していこうと思います。

まとめ

ゴルフスイングは胸でボールを運ぶ、グリップは胸の前から外れないと言われることが、この感覚なのではないかと分かってきたので書いてみました。本物かどうか追求していこうと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*