4スタンス理論のゴルフグリップであなたの最適な握り方発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

横田真一プロの著書を読んだのをきっかけに「4スタンス理論」に興味が湧いて、グリップについて調べたのでまとめてみました。
すでに知っている方は復習のために、まだ知らない方はぜひ著書にてあなたのベストグリップを確かめることをおすすめします。



1.4スタンス理論のゴルフグリップであなたの最適な握り方を探す

4スタンス理論はフィジカルスーパーバイザーの廣戸総一氏が提唱する理論で、それをゴルフバージョンにして解説してくれているのが横田真一プロです。
4スタンス理論では人間の体のタイプを4つに分けて、それぞれそれに合った体の使い方があることを謳っています。
4つのタイプとはA1、A2、B1、B2に分かれていて、握りやすいグリップの形がそれぞれ違います。

パワーライン

左手のパワーラインの画像

まずタイプ別にパワーラインと呼ばれる力の入りやすいラインがあります。
グリップをしたときにそのラインを意識すると安定感のある力強いグリップができます。

A1タイプ

A1タイプは人差し指と中指が利き指で、指をメインにグリップします。

A1タイプのグリップのあてがい方

A1タイプのゴルフグリップの画像

グリップは指に対して斜めに握ります。

A1タイプのグリップ

A1タイプのゴルフグリップの画像

左親指はショートサム。
フックグリップになります。

A1タイプのプロゴルファー

  • 片山晋呉
  • 石川遼
  • 松山英樹
  • アダム・スコット
  • ビジェイ・シン
  • 古閑美保
  • 上田桃子

A2タイプ

A2タイプは薬指と中指が利き指で、指をメインにグリップします。

A2タイプのグリップのあてがい方

A2タイプのゴルフグリップの画像

グリップは指に対して直角ぎみに持ちます。

A2タイプのグリップ

A2タイプのゴルフグリップの画像

左親指はミドルサム。
おおむねスクエアグリップに近くなります。

A2タイプのプロゴルファー

  • 中嶋常幸
  • 伊澤利光
  • 宮里優作
  • タイガー・ウッズ
  • ベン・ホーガン
  • 宮里愛

B1タイプ

B1タイプは人差し指と中指が利き指で、手のひらをメインにグリップします。

B1タイプのグリップのあてがい方

B1タイプのゴルフグリップの画像

グリップは手のひらに対して直角ぎみに握ります。

B1タイプのグリップ

B1タイプのゴルフグリップの画像

左親指はグリップのほぼ真上でロングサムになります。
ウィークにもストロングにも握れます。

B1タイプのプロゴルファー

  • 青木功
  • 藤田寛之
  • 深堀圭一郎
  • 中井学
  • ローリー・マキロイ
  • セルヒオ・ガルシア
  • 有村智恵

B2タイプ

B2タイプは薬指と中指が利き指で、手のひらをメインにグリップします。

B2タイプのグリップのあてがい方

B2タイプのゴルフグリップの画像

グリップは手のひらで斜めに握ります。

B2タイプのグリップ

B2タイプのゴルフグリップの画像

左親指はロングサムからミドルサム。
4タイプのなかで一番フックグリップになりやすいです。

B2タイプのプロゴルファー

  • 尾崎将司
  • 丸山茂樹
  • 池田勇太
  • フィル・ミケルソン
  • アーニー・エルス
  • 横峯さくら
  • 諸味里しのぶ

2.あなたは何タイプ

あなたが何タイプに入るかは著書や動画などで判断できます。
私はなんとなくB2タイプかなと思っていましたが、レッスンプロに診てもらったところはっきりとB2タイプと診断されました。

この動画のように2人で診断したほうが、わかりやすいです。

丸山茂樹プロも「体の使い方で救われた」と話しています。

参考図書

あ・うんのゴルフ―ゴルファーにも「血液型」があるんです。 横田 真一 (著), 廣戸 聡一  (著)

横田真一 4スタンスゴルフ 横田 真一 (著), 廣戸 聡一 (監修)

まとめ

4スタンス理論のグリップについてまとめました。
あなたにとってしやすいグリップがあるので、ご自身を分類してみてください。
4スタンス理論を知ると今まで納得できなかったことが分かるようになります。

ゴルフボールを見るのは股関節、膝、みぞおち、首の付け根?

ボールを見るのはどこの部位がいいのか紹介している記事もご覧ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*