ストロンググリップが最も簡単!利点と欠点を把握しよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

ゴルフスイングについてまず悩むのがグリップです。
グリップには大きく分けるとストロンググリップとスクエアクリップ、ウィークグリップの3つの種類があります。
そのなかでストロンググリップが初・中級者に向いたグリップです。
それぞれのグリップの利点と欠点を示しながらどのグリップがあなたに合っているかを探っていきましょう。



1.このグリップは誰のグリップ?

イボミのグリップの画像

出典:http://column.sp.golf.findfriends.jp/
まずこのグリップは誰のものだと思いますか?
このキレイなグリップの持ち主は2015年賞金女王に輝いたイ・ボミ選手のものです。

ややストロンググリップで握っています。左手はパームグリップだと思います。
あのイ・ボミ選手の卓越したコントロールはこのグリップから生まれています。

2.どのグリップがあなたに合っている?

あなたには3つの種類のグリップのうちどれが合っているのでしょうか。
それぞれの利点や欠点、特徴をまとめました。

表.各グリップの特徴・利点・欠点

ストロンググリップ スクエアグリップ ウィークグリップ
V字の指す先 右耳から右肩の間 アゴから右耳の間 アゴ
アームローテーション 少なめ 行う 積極的に行う
インパクトのイメージ 直線的で長い 押し込むイメージ 突くイメージ 左手の甲面がフェース面と同じ
クラブとの関係 ハンドファースト気味になる 中間 ハンドレート気味になる
グリップの位置 左股関節前 中間 体の中心に近くなる
利点 左手の握力がなくてもクラブがぐらつかない 捕まえることで飛距離が延びる フェードやドローの打ち分け、ライン出しに向く
欠点 アームローテーションを使うとフックする アームローテーションができないとスライスする つかまりやすいクラブには合わない

2-1.ストロンググリップ

 

ストロンググリップの画像

ストロンググリップは左手の親指と人差し指がつくるV字のラインの延長が右耳から右肩の間を差すように握ります。
現代のゴルフではストロンググリップが主流になっています。ストロンググリップはフェースローテーションが少なくて済み、現代のクラブに合っているスイングといわれます。
またストロンググリップのほうがハンドファーストに簡単に打つことができます。
インパクトのイメージは長く、真っすぐ、押し出すような感じを持つ方が多いです。
手のローテーションが抑えられるので体がよく動くスイングとなり、その結果フェードが打ちやすくなります。

ストロンググリップでのハンドファーストの打ち方を解説した動画です。

出典:https://youtu.be/fqNPWebTDMQ

ストロンググリップの女子プロゴルファー

  • イボミ
  • 渡邉彩香
  • 菊地絵理香
  • 表純子
  • 大山志保

2-2.スクエアグリップ

スクエアグリップの画像
スクエアグリップは左手の親指と人差し指がつくるV字のラインの延長がアゴの先端から右耳の間を差すように握ります。
スクエアグリップではフェースのターンを多めに使って、積極的にボールを捕まえにいくスイングになります。右ひじの伸ばしでフェースをターンさせていきます。
その結果、弾道はドローになりやすくなります。
スクエアグリップでの打ち方を習得したい場合はこちらの動画がおススメです。

出典:https://youtu.be/kTO2BRvJxN4

出典:https://youtu.be/2x-XPEasiHI

スクエアグリップの女子プロゴルファー

  • 原江里菜
  • 笠りつ子
  • テレサルー

2-3.ウィークグリップ

 

ウィークグリップの画像

ウィークグリップは左手の親指と人差し指がつくるV字のラインの延長がアゴの先端を差すように握ります。
グリップする位置は左股関節よりも体の中心に近くなります。フェードとドローを打ち分けるタイプの上級者に見られるグリップです。
すぐに真似のできるわけではありませんが、トッププロのジョーダン・スピースもウィークグリップです。

ジョーダンスピースのスイングを解説した動画です。

出典:https://youtu.be/9PFTnGhhRyQ

ベンホーガンがフックの矯正のためにグリップをウィークグリップにした話も有名です。

グリップの握り方としては他にインターロッキンググリップ、オーバーラッピンググリップ、ベースボールグリップなどがありますが、それはまた別のところにて説明させていただきます。こちらもスイングの形をきめるひとつの要素です。

3.あなたに合うのは?きっとストロンググリップ

ゴルフ初心者から中級者に向いているグリップはストロンググリップだと思います。
現代の大型ヘッドドライバーやキャビティアイアンではボールのつかまりがよくなり、積極的に多くのフェースターンを行う必要がなく、両腕を積極的に入れ替える必要のある打ち方を必要としなくなってきました。
ストロンググリップでクラブの開閉を少なめにしながらアイアンの安定性を増してスコアを安定させるのがセオリーといえるでしょう。

4.ライ角によっても合うグリップが変わる

アイアンのライ角を変えると合うグリップも変わってきます。
適正なライ角よりもフラットなアイアンを使っている場合は、よりストロンググリップの度合いを増した方が打ちやすくなります。

アイアンのライ角を変えてみたらパーオン率40%→60%へ

まとめ

3種類のグリップの仕方について説明しました。
ゴルフ練習場で3つのグリップを試してみて、どれが自分にとってしっくりくるかを見極めてください。数球打っただけでもいいかどうかわかります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*