パット

川奈で吉田弓美子優勝!カーボンシャフトフジクラMCパター

アイキャッチ画像

フジサンケイレディスクラシックで吉田弓美子プロ(29)が優勝しました。
フジサンケイレディスクラシックは名門、川奈ホテルゴルフコース富士コースで開催される36回を数える大会です。
背中の痛みをこらえながらも、トータルのパット数では27.00を記録して見事優勝した吉田弓美子プロ。
その使用パターとパター用のフジクラのカーボンシャフト「MCパター」について調べてみました。

続きを読む

ゴルフのパットでボールラインを正しく置く方法

アイキャッチ画像

パッティングのときに「ボールラインを正しくセットしたはずなのに、アドレスしてみると違う方へ向いている」ということがあります。
どうしてそのようになってしまうのでしょうか。
正しくボールラインをセットする方法をまとめました。

続きを読む

ジャパンゴルフフェアでライザップゴルフをスルーした

飛ぶ鳥を落とす勢いとはまさにこのことか、というくらい伸びているジムのライザップがゴルフレッスンも展開しています。
ジャパンゴルフフェアでもブースが出ていたのですが、あまり興味がなかったので写真だけとってスルーしてしまいました。
ただ興味がある人もいたかもしれないので、スルーしてしまったことを後で後悔しました。

続きを読む

アマチュアの平均パット数ってどれくらい?減らす考え方9つ

アイキャッチ画像

ゴルフのテレビ中継を見ているとプロはパットをぽんぽん決めるので、ゴルフをはじめる前は「パットなんてボールを転がすだけだし簡単なんだろうな」と思って見ていました。
ところがいざパットをしてみると難しく、中級者になるにつれさらにパットを難しく感じるようになりました。
ショットがよくて80台の後半は出せても、合わせてパットもよくないと80台前半、ましてや70台は難しいです。
ここでは平均パット数を縮める方法について紹介します。

続きを読む

パターの転がりをよくしたいなら縦の芯を見つけよう

「パターの転がりをよくするには芯で打て」と言われます。
パターの横の芯であるサイトラインとボールのラインをまっすぐに合わせることはよく確認していたけれど、縦の芯はあまり気にしたことがありませんでした。そこでパターの縦の芯の位置を探って、どれくらいパターを浮かせればいいのか検証してみました。

続きを読む

ゴルフで80台を出すために必要なこと アプローチとパット

アイキャッチ画像

ドライバーの調子のいい日は曲がらなくてOBが出ない、さらにアイアンはそこそこ良くてパーオンもしているのに、なぜか80台が出せない。
その原因はアプローチとパットにあることが多いです。
特にグリーン近くまで運んできたときにワンパット圏内にアプローチをつける技術を身につければ安定して80台が出せるようになります。

続きを読む

胸骨を使ったパターの打ち方がプレッシャーに強い理由

アイキャッチ画像

緊張した場面で手が震えてパターが入らないのは、手の感覚に頼り過ぎているからかもしれません。
そんなときは胸骨を意識したストロークにすることをオススメします。
胸骨はあばら骨や周りを大きな筋肉で支えられているのでいい意味で鈍感でほとんど動かない骨です。この骨を意識して動かすとプレッシャーがあるときでも体が良く動き、たとえ手が震えていてもいつもと同じように打つことができます。

続きを読む

グリーンの芝目の読み方 芝目があったら3割増しで打とう

アイキャッチ画像

ベント芝のグリーンに芝目ってあるのでしょうか。
またその芝目を読んでパッティングしたほうが、入る確率は上がるのでしょうか?

たとえ芝目が読めたとしても百発百中でパットが入るわけではありませんが、より良いパットができるのだと思います。
ここでは私が試してみたグリーンの芝目を読む方法について紹介します。

続きを読む

ゴルフ場についたら行うパター練習の効果的な順序5つ

アイキャッチ画像

ゴルフのラウンド前にはパターの練習をします。
パターストロークがしっくりと行えるか確認し、その日のグリーンの速さを知るために行います。

パター練習はどうやってするのが効果的なのでしょうか。
距離別のパットを練習する順番も紹介します。ご自身でやりやすい方法を確立させましょう。

続きを読む

CheckGoPROでボールの重心ラインを見つけ書く方法

アイキャッチ画像

パットが入らなかったら、ボールを疑ってみるというのもあります。
ボールの芯がずれている可能性があるからです。

特許庁のHPでこんな一文を見つけました。

ボールの重心位置が中心から0.1mmずれると、4mのパットではカップ1つ分曲がり、1.5mのパットでもカップ半分曲がる ウィルソン

だから真っすぐ打てても入らないのは当たり前?

そんなことあるのかと半信半疑だったかんたろうですが、このCheckGo PRO(チェックゴープロ)というマシンを買ってから確かにそうかもなと思えるようになりました。
もう半年以上使っているのでレビューしてみます。

続きを読む

パターの距離感と方向性を出せるフォームの見つけ方

関節の稼働域やどこの筋肉が発達しているか、幼少期からの体の使い方のクセなど万人がいれば万人の体の特徴があり、それに合ったパターのフォームがあることになります。
誰でも距離感の出しやすい構え方、出しやすい筋肉があります。
そこを見つけることが出来ればロングパットの距離感が「こんな感じかな」というほぼ無意識な状態でナイスタッチが出せるようになります。

続きを読む

4~5mのパットが面白いように入るグリーンの傾斜の読み方

アイキャッチ画像

10mのロングパットは入らないにしても4~5mのパットが入るようになるとスコアが3~4打は縮まります。
グリーンでボールがどちらに転がるか分からなくなってしまう時がありますが、この方法でラインを読むと周りの景色に惑わされずに入るラインを見つけることができます。
入るラインを見つける手順を紹介します。

続きを読む