レキシー・トンプソンのスイングは飛距離と足の伸びに注目

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

ワールドレディス サロンパスカップで2016年は優勝、2017年は2位となったレキシー・トンプソン。
男子プロ並みの飛距離と180cmと高身長から繰り出されるスイングが魅力です。
画像出典:レキシー・トンプソン公式インスタグラム



レキシー・トンプソンのスイング

ますはアイアンスイングの動画から。
レキシートンプソンのスイングはフィニッシュで胸と腕がぐるっと左を向くのが特徴的です。

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

インパクト付近では両足が伸びるのが特徴的です。下半身はジャンプするように振るのに、上体は背中で曲がってその伸びた力をボールに向けています。

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

この動画ではゆっくりとイメージを作りながらスイングしているので、どんな感じで振っているのかが分かりやすいです。

レキシー・トンプソンのルーティーン

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

それとテレビ中継を見ていて気になったのが、ドライバーのルーティーン。
右手でボール位置やフェース面をセットしてからアドレスに入るというところに注目しました。右手の人差指を伸ばして測っているみたいです。

レキシー・トンプソンの手のまめ

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

ゴルファーの手のひらのマメの位置を見ると、どんな感じで振っているのかが想像できます。レキシー・トンプソンのマメの位置は

  • 人差し指と中指の間の下
  • 中指付け根
  • 薬指付け根
  • 小指付け根
  • 小指の内側
  • 小指の数cm下

人差し指と中指の間の下部分が特徴的かなと思います。

レキシー・トンプソンのトレーニング

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

トレーニングの動画を見ていると、筋肉の一部分を鍛えるのではなく、からだの重心を取りながら動きのなかで使われる筋肉を鍛えているのがわかります。

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

こちらもどこかの部分を鍛えるというよりは、流れのなかで使われる筋肉全体を鍛える感じ。

レキシー・トンプソンのファッション

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

レキシーはウェアはプーマとの契約です。長身でモデルのような体型なのでどんなウェアも似合っています。
身長は180cmあります。

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

ピンク色のウェアが多いようにも感じますが、いろいろな色のウェアを着こなしています。
3日目にはピンク、最終日にはお気に入りのブルーのウェアを着るのだとか。

ワールドレディス サロンパスカップの前夜祭のときのようです。
白のドレスが似合っていますね。アン・ソンジュ、イ・ボミ、レキシー・トンプソン、渡邉彩香、宮里藍という豪華な顔ぶれ。

レキシー・トンプソンの使用クラブ

Lexi Thompsonさん(@lexi)がシェアした投稿

クラブはコブラと使用契約をしています。
1W:コブラ KING LTD ドライバー
3W:コブラ KING LTD フェアウェイウッド
UT:コブラ FLY-Z BLACK ハイブリッド
Iron:コブラ S2 Forged
Wedge:コブラ TOUR TRUSTY

色は青くレキシーブルーにしているようです。
コブラは日本ではあまり 聞かないメーカーですが、リッキーファウラーと契約したり、デシャンボーのワンレングスアイアンを発売するメーカーです。

まとめ

レキシー・トンプソンの魅力についてまとめました。
女子で300ヤードを飛ばし、豪快なスイングが魅力の選手です。また来年も日本での活躍を期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*