三ヶ島かな平均27パットも2位!鈴木愛が優勝する!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

三ヶ島かな選手が平均27パットの好調さで、最終18番ホールでバーディーを決めるも、鈴木愛選手もバーディーを取り返して見事優勝しました。しびれましたねー。見ている方も。
よくあの場面で2人ともパットが入りましたね。



平均27パットの三ヶ島かなと鈴木愛

大会はアース・モンダミンカップ、舞台は千葉県カメリアヒルズカントリークラブで4日間トーナメントです。
17アンダーで2位となった三ヶ島かなってどんな人?と思いましたよね。
まず三ヶ島かな選手と鈴木愛選手とも4日間の平均パットが27。
20台のパット数を出したことのないかんたろうにとっては、どうして4日間を平均しても27パットが出せるのか不思議です。
まぐれで1回ではないですからね。そこがプロなのでしょうけれど。

三ヶ島かなってどんな人?

三ヶ島かな選手ってどんな人なのでしょうか。まずは三ヶ島かな選手のプロフィールです。

  • 出身:福岡県
  • 1996年7月13日生まれの20歳
  • ゴルフ歴:10歳~
  • キャディー:父
  • 身長:164cm
  • 趣味:音楽鑑賞
  • 契約:
    ・クラブ:ブリヂストン
    ・ボール:ブリヂストン
    ・ウェア:ジュンアンドロペ

平均飛距離は229.125とのことで、飛距離はそれほどでるタイプの選手ではないようです。
それでも今期サンドセーブ率は3位(6月25日現在)と今回のパットからショートゲームの上手な選手のようです。
平均パット数は1.8720で73位です。

笑顔が優しそう

20歳という三ヶ島かな選手ですが、まだ少しあどけなさの残る笑顔の優しそうな選手ですね。
特に女子プロゴルファーの年齢はどんどん若年齢化していて、20歳の女子がぽんと優勝してもまったくおかしくないですね。

一転プレーの時はきりっとした表情。そういったギャップもファンが増える要因かもしれません。

三ヶ島かな選手のスイング

スイングはとても素直な感じで、いまどきの女子プロゴルファーのキレイなスイングです。

こんなによどみなくキレイにスイングしてみたいですね。

専属キャディーは父

キャディーは父・直(すなお)さんで、会社勤めを休職して娘の専属キャディーをしているそうです。
お父さんと娘のコンビってけっこうありますよね。きっとお父さんがゴルフを教え始めたのだとすれば自然な流れなのかもしれません。親子でひとつのことを追いかけられるなんて幸せなことですね。コースマネジメントなどはすべて本人がしているのだそうです。

着物姿の三ヶ島かな

成人式での三ヶ島かな選手の着物姿です。まだ20歳なんですよね。それであの落ち着き感はすごいです。
けっこうなゴルフの修羅場をくぐり抜けてきたんでしょうね。

プレーの落ち着き感がすごい

最近の若手の選手はプレーの落ち着き感がすごいですね。先週惜しくも2位となった新海美優選手もそう感じましたが、20歳くらいのプレーヤーがジュニアのときから、狭き門をくぐりながら、しのぎを削っているのですね。
ベテランの選手に混じって堂々とプレーする姿に感銘を受けます。

まとめ

三ヶ島かな選手が平均27パットの好調さで、2位になったのでまとめました。
これからもLPGAツアーで楽しませてくれそうです。これらかも三ヶ島かな選手の活躍に期待しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*