インテンショナルショットが簡単になる打ち方と構える向き

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

目の前の木を避けてフックを意図的に掛け、ボールを曲げてグリーンを狙いたいというシチュエーションのときにインテンショナルショットを打ちます。
思った通りのボールが打てるとゴルファー冥利に尽きます。
インテンショナルショットの打ち方と考え方について紹介します。



1.インテンショナルショットの打ち方

インテンショナルショットのアドレスの仕方の画像

インテンショナルショットの打ち方です。

  1.  ストレートに構えてフェースもスクエアに合わせます。
  2.  ボールを軸として体との距離感を変えないまま、インテンショナルスライスなら右へ、インテンショナルフックなら左へ体を回りこませます。
  3.  このときクラブのフェースはストレートの方向に向いたままにして、回りこんでからグリップしなおします。
  4.  体の向きに沿ってスイングします。

ただ足の向きをオープンにする、クローズにするというだけではボールと体との距離が変わってしまうので良く打てません。ボールとの距離感を変えないようにボールを軸として体を回りこませるのがポイントです。

佐久間馨氏のインテンショナルショットのアドレスの仕方がすごくわかりやすくていいです。

私もこの打ち方でインテンショナルショットを打っています。
実際に使いそうなクラブで練習して曲がり幅をつかんでおかないと実践では使えません。

2.インテンショナルショットを打つシチュエーション

インテンショナルショットを打ちたいときはどんな状況があるでしょうか。

  1. ドライバーでOBを避けたいとき
  2. セカンドショットでハザードを避けたいとき
  3. 木など障害物をよけてグリーンを狙うとき

などです。

1ラウンドにおいてインテンショナルショットを打つ回数はそう多くはありません。
まったく使用しない日のほうが多いです。

2-1.ドライバーでOBを避けたいとき

ドライバーの安全策で、右や左を避けて、逆に曲げて打つ攻め方もありますが、現在のクラブは昔ほど曲がらないので真っすぐ打つ方が距離も出て有利です。
大きいクラブだと曲がり幅をコントロールすることが難しいので、曲がり過ぎてしまうこともあります。
それでも逆玉が出るなどドライバーが不調だと、確実に思ったほうへ曲げられるインテンショナルショットを打てると選択肢が増えて有利なのは確かです。
ドライバーの種類によっても曲げやすい、曲げにくいがあり、さらにどっちに曲げやすいというのもあるので練習で確かめておきます。

2-2.セカンドショットのショートウッドで

ロングホールのセカンドショットのショートウッドでもインテンショナルショットが打ちやすいです。
「池があって絶対に左には行かせたくないな」というシチュエーションでインテンショナルにスライスを打ちます。曲げる方向に得意、不得意があるのでこっちは絶対に大丈夫と思えるインテンショナルショットを練習しておきます。
かんたろうはVスチールの7番ウッドが操作性がよくて気に入っています。ロングホールのセカンドは7番ウッドを使えばスコアUPするもぜひご覧ください。

100点を狙うよりも60~80点のショットでいい

セカンドショットのインテンショナルショットでは結果として、距離を進められて3打目が打てる場所へと進められれば上出来で、完璧なショットを打てた時はうれしいけれど、当たりが多少ずれていてもOKと考えます。
池などのハザードを避けて、3打目を狙える位置に置くというのが、このショットの目的です。

2-3.インテンショナルショットでグリーンを狙う

目の前の木がスタイミーで、真っすぐにグリーンが狙えないときにインテンショナルショットを打ちます。木を避けてまっすぐグリーンの横のラフに打つか、下を転がすか、それともインテンショナルショットでグリーンを狙うか、確率の高そうなショットを選択します。インテンショナルショットでグリーンを狙うときは8番、9番アイアンあたりはコントロールも効いて、曲げやすいので、そんな状況になったときのために練習しておきます。
アイアンも種類、ライ角によって曲げやすい方向があるので練習で両方に曲げて確かめておきましょう。

3.インテンショナルショットを打つ時の注意点

インテンショナルショットではフックを打とうとすればフェースが立って普通よりも距離やランが出て、スライスを打とうとすればフェースが寝るので距離が減って止るボールになります。
フルショットと同じ力感で打つ時はこのことも考えて番手を1~2つ調整します。
強振しようとすればスライスが打ちやすく、合わせにいくとフックが打ちやすいです。スリークォーターショットではどれくらい曲がるのかも確かめておきます。

まとめ

インテンショナルショットの打ち方について紹介しました。
インテンショナルショットはクラブとの相性がかなり影響するので、自分のクラブが真っすぐ打ちやすいのか、曲げた方が打ちやすいのか、そしてどっちに曲げるのが楽なのか練習で確かめておきましょう。
ラウンド中にインテンショナルショットが成功するととても気持ちがいいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*