ゴルフの左手のグリップの「隙間」がインパクトのブレの原因

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

毎回、フェースの芯でとらえられる日とそうでもない日があるのはどうしてか不思議に思いませんか?
「グリップと手のひらの間にできる隙間があるとインパクトでぶれる」ということに気がつきました。
グリップと腕の一体感の出る日と出ない日があり、いつも不思議に思っていました。
あなたがもし安定して打てないとしたらその原因はグリップと手のひらにある隙間かもしれません。
グリップの形くらい大切なことなのでぜひチェックしてください。



1.グリップに隙間があるとインパクトでぶれる

グリップのなかの隙間がインパクトのブレにつながっていることに気がついていませんでした。
毎回芯でとらえられるスイングができる日とまったくできない日があり、何が原因なのか追究していました。手首を軟らかく使おうとするあまり、グリップのプレッシャーまで弱まっていて、何度打っても右へ左へと安定しないのです。
いくつか試していくうちにグリップの隙間に気がつきました。
グリップと手のひらの間にわずかな隙間があり、そこの摩擦がないために、インパクトの衝撃でフェースがずれたり、それを嫌がって余分な力を入れてしまっていたのです。
できるだけ隙間をつくらないようにグリップすると、ウソのようにブレのない強いボールが簡単に打てるようになりました。

2.グリップを握る指

グリップを握る指と手のひらにできる隙間の画像

かんたろうの左手のグリップは手のひらにシャフトを斜めにあてがい、小指球(黄色)でグリップの終わりを受けとめるタイプの握りかたです。

指は「親指」と残りの「4本指の第二関節から第三関節の間」(紫)で挟むように握っています。

グリップを軟らかく握ろうとすると、気がつかないうちに手のひらの中央あたり(赤)にグリップと手のひらとの隙間ができていることがあります。

これを無くすように握ります。

握るときには親指と人差し指の付け根近く(白)でグリップがブレないように固定します。

3.隙間がないとグリップと左腕との一体感がでる

手のひらとグリップの間に隙間がでないように握ると、インパクトでのブレがなくなるばかりか、徐々に左腕とグリップとの一体感が生まれてきます。
決してぎゅっと握るわけではなく、適度にしっかりです。
方向性もボールの強さも安定して、狙ったところに落とせるようになります。

4.グリップのタイプ

指だけで握るタイプや手のひらとシャフトが直角に握るタイプではまた違うのかもしれません。

5.動画で見てみよう

ちょっと繊細な感じなので動画にしてみました。
左手のひらとグリップとの間に隙間が無くなることで、腕とクラブが一体になっている感じを読み取ってほしいです。

まとめ

インパクトでぶれる原因は左手のひらとグリップとの間にできる隙間かもしれません。
隙間があるときと、ないときでインパクトのときのブレを比べてください。
腕とクラブとの一体感が生まれることで強くコントロールされたボールを打つことができます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*