ゴルフ スピンでピピッと止るアプローチの打ち方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

プロや上級者が行うアプローチは、スピンがかかっていて少し強めに打ちだしてもピピッとカップ付近で止ります。
かたや初心者が行うアプローチはちょっと強く打ち過ぎるといつまでも転がってグリーンの反対側まで行ってしまいます。
この差はどこからくるのでしょうか。
かんたろうもこのアプローチが打てなかったので試行錯誤してみました。



1.ハンドファーストとハンドレートが分からなかった

アイアンの基本はハンドファースト、これは誰も疑いませんね。
ところがスピンをかけるアプローチはハンドファーストではなく、ハンドレートにする必要があるのです。驚きました!
左手首を折ってハンドレートに構えたアプローチの画像

スピンなんていらないよ、普通のピッチ&ランのアプローチの打ち方が知りたいひとはこちらです。

ゴルフのアプローチのグリップで外せない2つのこと

2.ハンドレートでスピンをかけて止める


Full Potential GOLF Methodさんの動画をご覧ください。
ハンドファーストとハンドレートを使い分けています。
スピンをかけたアプローチはハンドレートに構えます。


さらに詳しくどのようにグリップしたらいいかは今井竜二プロの動画が参考になります。
ハンドレートに極端にさせるために今井竜二プロのように左手首を折り、さらにインパクトでも右手をつかって手首よりもヘッドを先に走らせる動作を入れてみましょう。
この動画の通りにしたらかんたろうもピタッと止るボールが打てるようになりました!うれしい!
60度とかのロブウェッジのほうがやりやすかったです。

3.低く打ち出してスピンで止める方法

低い打ち出しのボールでも、上級者が打ったボールはグリーンに転がってからブレーキがかかったように止ります。これも今井竜二プロの動画が参考になります。


低く打ち出すボールでもスピンをかけたいときはフェースをオープンにして、低く長くクラブを出しています。フェースは返していません。

4.勢いを殺したボールの打ち方


ピンまで近い場合はスピンをかけて止めるよりも、勢いを殺したボールを打つ方が安全です。
ピンまで10ヤード以内、グリーンまで2~3mならこの打ち方が有効です。
パターのような距離感で寄せることができます。

まとめ

プロや上級者が行う止めるアプローチを行う方法を紹介しました。
練習して距離感をつかんでぜひ実践でも取り入れてみましょう。ラウンドのときに試すなら当日の朝に練習して感覚をつかんでからにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*