下仁田カントリークラブは広いフェアウェイと大きいグリーン

アイキャッチ画像

下仁田カントリークラブ―群馬県甘楽郡―

下仁田カントリークラブに伺いました。
広め目のコースレイアウトでゆったりとしたゴルフができる半面、グリーンは1グリーンで大きく3パットに気をつけたいゴルフ場です。

レギュラー:6,367ヤード
JGA/USGAコースレーティング:69.9
グリーン:ベント

続きを読む

ゴルフスイングで左手首は前腕を軸に気持ちよく回転する

アイキャッチ画像

ゴルフスイングにおいてインパクトでの左手首の使われ方は人によっていろいろなパターンがあるだけにぜひ理想とするものにたどり着きたいです。
プロのスイングのスローモーションを見ていても、少しずつ違う印象を受けます。
どのような左手首の使い方がいいのでしょうか。

続きを読む

レイクウッドゴルフクラブ富岡コースは現代建築と池が美しい

アイキャッチ画像

レイクウッドゴルフクラブ富岡コース―群馬県富岡市―

モダンなクラブハウスで女性にも人気の高いレイクウッドゴルフクラブ富岡コースを訪れました。
コースもキレイで管理も行き届いており、池の効いた難しいコースです。
銀座ライオンが入るレストランもおしゃれな感じです。

距離:9,955ヤード(ティー未確認、27ホール合計)
JGA/USGAコースレーティング:なし
グリーン:ベント

続きを読む

ゴルフで80台を出すために必要なこと アプローチとパット

アイキャッチ画像

ドライバーの調子のいい日は曲がらなくてOBが出ない、さらにアイアンはそこそこ良くてパーオンもしているのに、なぜか80台が出せない。
その原因はアプローチとパットにあることが多いです。
特にグリーン近くまで運んできたときにワンパット圏内にアプローチをつける技術を身につければ安定して80台が出せるようになります。

続きを読む

胸骨を使ったパターの打ち方がプレッシャーに強い理由

アイキャッチ画像

緊張した場面で手が震えてパターが入らないのは、手の感覚に頼り過ぎているからかもしれません。
そんなときは胸骨を意識したストロークにすることをオススメします。
胸骨はあばら骨や周りを大きな筋肉で支えられているのでいい意味で鈍感でほとんど動かない骨です。この骨を意識して動かすとプレッシャーがあるときでも体が良く動き、たとえ手が震えていてもいつもと同じように打つことができます。

続きを読む

ゴルフでフェース面を感じるのは親指の爪、延長線上にヘッド

アイキャッチ画像

フェースの面を感じてコントロールをすることでさらにステップアップしたゴルフができるようになります。ウェッジやアプローチの精度を高めるためにはフェースの面を意識することが大切です。
ここではフェース面を感じる親指の爪と、親指の延長線上にクラブヘッドがある感覚について紹介します。

続きを読む

出来るゴルファーのかっこいいマナー 目土袋を購入してみた

アイキャッチ画像

学生のころからゴルフをされてきた方はマイ目土袋を持って、ターフの取れた個所を目土で埋める方が多いです。
やり慣れているからでしょうが、ともてスマートに見えてゴルフも2割増で上手に見えます。
私は初心者のころは自分のプレーに精いっぱいで目土(めつち)どころではありませんでしたが、中級者くらいになると、そろそろ目土をしたほうがいいのかと思いはじめました。なんだか気恥ずかしさもなんとなくあり、惰性で目土をしてきませんでした。ですがそろそろそういった気遣いのできるプレーヤーになりたいと思い、思い切って目土袋を買ってみました。

続きを読む

熱海倶楽部東軽井沢ゴルフコースはグリーンの難しい良コース

アイキャッチ画像

熱海倶楽部 東軽井沢ゴルフコース(旧:松井田妙義ゴルフ倶楽部)-群馬県安中市-

私の好きなコースのひとつ、熱海倶楽部 東軽井沢ゴルフコースの紹介です。
コースも変化に富んで面白く、グリーンも難しいです。そしていつもお値打ちな値段でプレーさせてくれるゴルフ場です。

距離:6,415ヤード(どのティーかは未確認)
JGA/USGAコースレーティング:なし
グリーン:ベント

続きを読む

ヤーデージブックを自作してみた!手順とポイント

アイキャッチ画像

女子プロゴルフの試合を見ていると、選手やキャディがヤーデージブックを見ながらショットやパットの相談をしていたりします。
かっこいいし、便利そうだなと思っていましたが、よく行くコースにはヤーデージブックは置いてなく、販売もしていないみたいです。
ヤーデージブックがあったら、スコアも2~3打縮まるのかもしれないと思って、思い切って自作してみました。
その手順を紹介します。

続きを読む