ゴルフアドレスで手の位置は左股関節の前のイメージがマスト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

ゴルフスイングにおいて手の位置がアドレスで決まっていないと、ボールと腕とのコンタクトする角度が毎回違ってしまい、ボールが思った方向に飛びません。
特にクラブを交換したときには、ボールとの距離もかわりますから、感覚のなかで一定の測りをもっていないとミスすることが多くなります。
ここではアドレスにおいての正しい手の位置について説明します。



1.アドレスで手の位置が重要

アドレスではボールとの距離感をつかむ上でも手の位置が重要です。
はじめのうちは気にしていても中級者になって無意識に構えられるようになると、毎回微妙な手の位置の違いがわからなかったりします。
特に左手でつくったグリップが左股関節の前にあるイメージを持つことが大切です。

左股関節の前でグリップする画像

左肩と左グリップ、左グリップと左股関節、クラブとボールとの一定性が保てれば、それが測りとなってどのクラブでも安定したアドレスとなります。

2.クラブを交換したときのミスは手の位置のミスかも

ラウンド中や練習中にその日はじめてロングアイアンに持ち替えたときにアドレスに違和感がありませんか?そういうときは決まってダフったり引っかけたりします。
このときのミスは手の位置のミスかもしれません。
もう一度基本のアドレスに立ち返って、手の位置を確認し、クラブを替えても同じようにインパクトできるようにしましょう。

3.アドレスの手順

どの番手のクラブをつかっても毎回同じインパクトを迎えられるためのアドレスの手順をご紹介します。

3-1.ボールに対してクラブをセット

ボールのすぐ後ろにクラブフェースをまっすぐセットします。

クラブをセットする画像

3-2.クラブを倒す

アイアンの場合は少しシャフトを飛球線方向へ倒します。

左股関節の前でグリップする画像

3-3.左股関節の前でグリップする

足は歩くときの幅くらいに自然に立って、左股関節の前で左手をグリップし、次に右手を左手より5cmくらい下げてから添えます。

3-4.左足、右足の順に移動

左股関節とグリップの関係性は保ったまま、左足を斜め左後ろに下げ、同じくらい右足も斜め右後ろに下げます。

ウェッジの足の移動手順の画像

これで左股関節とグリップとボールの位置の関係性はあまり崩さずにアドレスできました。
ちなみにこれはウェッジの場合の足の移動方法で、ボールはほぼ体の中心にあります。

5番アイアンの足の移動手順の画像

続いては5番アイアンの足の移動方法です。
アイアンの番手があがったときも左股関節とグリップの位置関係は保ったまま、足を移動させることが大切です。まず左足を後ろ目に少し斜めに移動します。次いで右足を左足よりも幅広く移動します。こうすることによってボールは体の中心よりもかなり左にきます。

ドライバーの足の移動手順の画像

ドライバーの足の移動は5番アイアンと同じですが、はじめのボールとの位置関係が違います。アイアンよりもヘッドの位置を後ろにおいてから、左股関節の前でグリップをつくります。ドライバーを構えたときのボールの位置は左つま先の前から踵の前くらいです。

4.左股関節の前のイメージは傾斜にも強い

左足下がりや左足下がりはインパクトするのに難しい傾斜になります。
そのときもこの左股関節の前でグリップして、手と左股関節、ボールとの関係性をそのままに保つとボールに正確にコンタクトできます。足の開き方はその関係性が崩れないイメージなら何でもOKです。足が自然と止る位置にアドレスしてみましょう。

この記事には一瞬で通り過ぎるインパクトを手に入れいるヒントがあります。

ゴルフスイングは腕の三角形のずれがローテーションの源

まとめ

アドレスにおいての正しい手の位置にするために、左股関節の前でグリップをします。
正しい足の移動ができれば番手がかわっても左股関節とインパクトの位置関係はくずれず不自然なボールコンタクトはなくなります。これだけ気をつけるだけでもスコアはぐんとよくなります。

追記:また別の気づきがあり、ゴルフスイングは胸で運ぶ、グリップは胸の前の感覚が分かったにも新しい手の感覚を書いています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*