ジャパンゴルフフェアでカムイTP-09Dドライバーを試打

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
アイキャッチ画像

ジャパンゴルフフェアでカムイのTP-09Dドライバーを試打してみたので報告します。
以前、一緒にラウンドした方が飛ばされていたので気になっていました。
ソフトな打感とディープフェイスが特徴の飛ぶドライバーです。



1.ジャパンゴルフフェアで試打したければ朝一で行こう

ジャパンゴルフフェアの看板の画像

地クラブを試打するチャンスはなかなかなかったので、ジャパンゴルフフェアに行ったときに打ってみたいと思っていました。
ただジャパンゴルフフェアの試打はかなり待つことになるので、朝一で行って気になるメーカーを時間をずらして複数予約しておくのがいいと思います。
かんたろうは11時ころ着いて、14時30分の予約が最短でした。

PING試打ブースの画像

予約はメーカーで別々になっているので、各試打スペースで行います。
メーカーのフィッターがひとりずつ付いてくれるので、気になったものがあればぜひチャレンジするべきです。

2.カムイのドライバーが気になっていた

地クラブのカムイというメーカーのドライバーが気になっていました。
以前、一緒にラウンドした方が使っていてかなり飛ばされていたからです。

カムイのドライバーの画像

展示ホールのなかほどで地クラブの共同試打会場があったので、そこで予約しました。

2-1.カムイのドライバーTP-09Dを打ってみた

カムイTP-09Dドライバーのヘッドの画像

打ってみたのはTP-09Dというドライバーです。
カムイは飛ぶドライバーを作っているという認識は何度か聞いていて知っていましたがどんなラインナップがあるか、正直知りませんでした。

今回試打したのはTP-09D

  • ロフト 11°
  • フェース 1°フック

というスペックのヘッドです。

カムイTP-09Dドライバーのヘッドの画像
フェース面がかなり縦に大きいディープフェイスです。
自分でも気がつかなかったのですが、運動靴で試打したせいか、画面に映し出されるクラブの軌道は毎回フェースの上側に当たっています。ディープフェイスに慣れていないせいでしょうか。ただ芯で打っている感覚はあります。
打った感じは柔らかい打感と構えやすいのが特徴かなと思いました。

2-2.どんな人に合うのか

数球打っただけで、自分に合うかどうかはわかりますが、他の人にお勧めするとなるとどう表現したらいいか難しいです。

  • ディープフェイスが好みの人
  • 体積の大きい感じの好きな人
  • 柔らかい打感の好きな人
  • 方向性の構えやすいドライバーがいい人
  • 飛距離を求める人

構えやすいというのはけっこう大事で、ティーグラウンドに立ったときフェースがどこへ向けて構えるかをイメージしやすいのはすごくいいと思います。振りぬける感じもすごくよかったです。

2-3.シャフトを替えていった

12球くらい打って、徐々に合うシャフトに替えていってもらいました。ちなみにカチャカチャでなく、接合式です。
標準のシャフトから打って行って、ボールが右に出ていたのでどんどんシャフトを替えていきました。最終的に合ってきたのはバシリウスのザフィーロ2Rというシャフト。

カムイTP-09Dドライバーの試打測定の画像

飛距離は242~247yくらいです。このシャフトにすると10ヤード近く飛距離が伸びました。かんたろうの場合、しなりが多くてムチのように使えるシャフトが毎回合うようです。

3.バシレウスって何?

バシレウスというのはほとんど聞いたことがなかったのですが、すぐ近くに展示ブースがあるということで紹介してもらいました。新し目のシャフトメーカーのようです。

バシレウスブースの画像

そういえばそのカムイのドライバーを持っていた人もここのシャフトだった気がします。
ハリーポッターに出てきた毒蛇みたいな名前というのだけ覚えていました(あれはバジリスク)。

バシレウスのシャフトの画像

いくつか種類があるようで、先ほどの写真を見せて営業さんにシャフトの説明を受けました。

ザフィーロ2

ザフィーロ2のパネルの画像

かんたろうと相性のよかったのはこのザフィーロ2というシャフトです。
「心地よい全体しなり感を重視した」シャフトとあります。はやりこのメーカーでもしなりの大きいタイプのようです。
カタログには「リズム・テンポ・プレーンを重視するテクニカルスインガーにマッチ」と書かれています。心を高揚させてくれるキャッチコピーをよく考えますね。
シャフトの固さはヘッドスピード46くらいだとSで40前半だとRということでした。
かんたろうの場合はRのほうが楽に振れそうです。

バシレウスのカタログの画像

カタログの裏側にしなりの分布図があります。
ザフィーロ2は手元もヘッド側も両方しなるシャフトのようです。

4.いろいろな試打コーナーがある

ジャパンゴルフフェアニアピン・ドラコンブースの画像

会場にはメーカーごとの試打コーナーの他にもイベント的に試打できるブースもありました。
ドラコンチャレンジやニアピンチャレンジなど、無料や500円でチャレンジできるブースがいくつかあります。ドラコンはすでに1位が320ヤードとかプレートに書かれているので、挑戦する気にはなれませんが、腕に自信のある方は試すのもいいと思います。

まとめ

ジャパンゴルフフェアでカムイのドライバーを試打してきたのでその様子を紹介しました。
柔らかい打感と構えやすい見た目が特徴の飛ぶドライバーだと思います。
来年以降行かれる方は早めに来場して、試打の予約を取ることをお勧めします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*